そうだ、北中城に行こう。

※沖縄県の北中城村とは関係ありません。

1日の出来事や、学校での事。
ガンダムやヲタ恋、エヴァ。
イラストを描いて載っけたり。
日記みたいな感じの事を掲載するブログ。
コメント等もお待ちしております。

北中城村に行きたい。

お台場に行ってきたっ!「1」

どうも皆さん、こんにちは♪

北中です(*´ω`*)


※今日はテンション高めでお送りします


2/4、友人達と一緒にお台場に行ってきましたぁ!


地元の駅に08:00に集合して、電車に揺られること約1時間半。

東京テレポート駅に到着。


そこから約5分歩いた先には…


「RG1/1 RX-78-2 ガンダム Ver.GFT」っ!

そう、お台場に行ったのはこれが目的です。

ガンダムが視界に入った瞬間、

一緒に行った運動オンチの親友Hは、

「ヲタクの行動力をなめんなっ」と言い放ち、通常の3倍のスピードでガンダムに向かって猛ダッシュしていきました…(笑)


立像の横にあるショップの店頭に置いてあったピンズガチャを皆で引いたのですが、

バルバトスが欲しかったのに自分はVガンダムを引いてしまい…

しかし、バルバトスを引き当てた優しさの神G氏が、北中のVガンダムのピンズと交換してくれました。



そして一同は、ダイバーシティ7Fにある

ガンダムフロント東京へ。

自分達は2番手に当日券売場に並びました。

チケットの絵柄が3種類(初代お台場ガンダム立像・静岡ガンダム立像・ダイバーシティガンダム立像)あったのですが、

自分は静岡のガンダム立像の絵柄を選びました!


無料ゾーンには、数々のガンプラが展示されていました。

自分のオススメは、

ライトニングZガンダムです♪


有料ゾーンでは、1/1ストライクフリーダムが

待ち構えています。


(「2」につづく)

鉄血のオルフェンズ第41話【人として当たり前の】

どうも皆さん、お久しぶりです。

とうとう友達から「ぐすく」と呼ばれ始めました、北中です。


今回も、前回に引き続きオルフェンズ感想です。



冒頭は名瀬さん達の葬儀から始まりました。

しかし、名瀬とアミダの遺体は、

ハンマーヘッド(名瀬の乗っていた戦艦)と百錬(アミダのMS)と一緒にギャラルホルンに押収されてしまったため、

遺体がない状態での葬式でした。


そんな中。


ジャスレイ登場。

てめえ、それ葬式に来る格好じゃねえだろ。


葬式の後、アジーに背中を押されてラフタは昭弘を飲みに誘います。

飲みの席で、ラフタは昭弘と色々な会話を交わします。


「優しいよ、昭弘は。」

「え?」

「ただの筋肉バカだと思ってたけど、誰より周りを見てる。人のことを自分のことみたいに考えられて…。不器用だけど…そっと…言葉なんてなくても、気持ちでそっと隣に寄り添ってあげられる。そんなヤツ。」

「ラフタ…」


「そ~んでもってさ、隣に寄り添われても どうにも暑苦しいから、こっちも無理矢理元気出して、立ち上がるしかなくなるの(笑)」

「…バカにしてるだろ。」

「やだな~、褒めてんだよ~(笑)」


いいムードw



別れ際に、「あ、忘れてた!」

前の戦闘で昭弘に、

「帰ったらギュ~ってしてやるよ!」

と言ったのを思い出したんでしょう。


「ハグなんて挨拶みたいなもんでしょ(笑) な~に赤くなってんの?(笑)」

和みました…

ラフタには昭弘と幸せになってほしい。


場面は変わって。

修理が完了したバルバトスの前で、

三日月とアトラの会話。


「タービンズの子供たち、名瀬に似てた。」

「うん。」

「ああやって続いてくんだ。」

「そうだね。名瀬さんとアミダさんと、皆の思いを繋いでくれる。」

「アトラは?」

「?」

「子供、アトラは作らないの?」

「え!?」

※この子達は"子供を作る"ことがどういうことか分かっていません。

「あっ…ど、どうして、そんなこと…」

「居たら面白いかと思って。」

「三日月は私が、誰と子供作ってもいいと思ってるんだ? 私は嫌だよ。考えられないよ。だって、三日月じゃない人となん…て…」

「俺ならいいんだ?」

「えっ?」

「…じゃあ、俺と作る?」

※この子達は"子供を作る"ことがどういうことか分かっていません。

「えっ!?えええええーーーーーっ!? ちょっ、そ、それは…それはあの…望んだことなんだけど…いや、ちょっと考えさせてっ!」



また場面は変わって。

ラフタとアジーの買い物の帰り道。

「あ、買い忘れ。さっきの店だ。」

とラフタのもとを離れるアジー。

ラフタはその待ち時間、近くのぬいぐるみ屋に立ち寄りました。

そこで見つけたのは、あの昭弘そっくりなクマのぬいぐるみ。

「何このクマ…目付き悪(笑)」

そう言ってぬいぐるみを手に取るラフタ。

「でも…似てるかも…」

そして、

「すみませーん、これ下さーい」

と店員を呼びました。


しかし…

ラフタは、凶弾に倒れました…。

撃ったのは、ジャスレイ(あのケツアゴ)の雇ったチンピラ。

駆けつけたアジーは、声にならない叫びをあげました。


ラフタの訃報に頭を抱える鉄華団の団員達。

「団長、指示をくれ!」

この昭弘、かわいそうなキャラです。

実の弟も殺されて、義弟も殺されて、

自分に好意を寄せてくれていた女性も死んで。


そしてついに、敵討ちを決意します。


「オルガ、どの位やればいい?」

「徹底的にだ。しがらみなんざ関係ねえ。」

「了解。」




まさかラフタが死ぬとは思わなかったんで、

今週はガチ泣きしました。

来週こそ、三日月の新しいバルバトスと、

昭弘のフルシティで、ジャスレイをボコボコにしてほしいです。

鉄血のオルフェンズ第40話【燃ゆる太陽に照らされて】

どうも皆さん、こんばんは。

北中です。


今日のオルフェンズ…

本当にショックでした…

アミダの姉さんと

名瀬の兄貴…


お二方が亡くなりました…

まあ、いずれ死ぬとは思ってたけど…

フラグも立ちまくってたし…


2人とも凄くいいキャラで好きでした…



で。

コイツ。

「日曜日のたわけ」こと、イオク・クジャン。

本当にクズキャラです。


このクズが、あの2人を殺しました。

【今回のイオクのクズポイント】

・タービンズ(名瀬の兄貴)の停戦要請、降伏勧告を無視

・条約で禁止されている兵器「ダインスレイヴ」を戦闘で大量に使用(下のMSが持ってる赤いやつ)

イオクのクズさは、実際に見て貰えれば分かると思います。


イオク氏んでほしい…


そんな中…

新MS、辟蛇も登場。

かっこよかったです。



最後に…


イオク死ね。


では、ごきげんよう。